株式会社寿商店

愛知県の名古屋を中心に居酒屋、鮮魚の卸売を行なっている魚屋さんです。

お問い合わせ

STAFFinterview
森:お疲れ様です。春日さんは寿商店歴、イチバン長いですね。

春日:そうだねぇ~…もうすぐ10年近くになるかなあ。

森:春日さんと私、2人で小さなお店切り盛りしてた時期もありましたね。

春日:ははっ。懐かしいねぇ~。

森:あの頃は私もこの会社に入ったばかりだったから、飲食店のいろはを教わったのは春日さんでもあるんですよ。その頃から今も変わらず、板場にいる春日さんの姿が本当に大好きで、春日さんの料理も本当に大好きで・・・

春日:あっはっは、やめてよ~、、、(照)
森:では本題で、春日さんからみてお店やスタッフ皆の印象ってどんな感じですか?

春日:皆本当に、「元気で明るい」ねぇ~。お客さんも面白いひとばっかりだし、楽しいお店だよねぇ。

森:ですね(^^)じゃあ社長のイメージはどうですか?

春日:昔から、ずっと社長は変わらないねぇ。「人情」で出来ているような人でねぇ、アツい人だよねぇ。これから先もこのまま、社長は変わらないでいてほしいなぁ。

森:ふむふむ。春日さんも昔から変わらないですよね。

春日:そうかなあ、ちょっとまるくなったとおもうけどなあ。(笑)
森:昔からまるいですよ。(笑)春日さんはいつもチームワークを心がけて仕事しているように思うんですが、チームワークの秘訣って何ですか?

春日:チーム・仲間だからってそれぞれが頼りにしあって「誰かがやってくれるから何とかなる」っていうのはチームワークとは違うと思っていてねぇ。「自己責任」で、自分の仕事をちゃんとやるっていう基本が出来る人じゃないと、「チーム」は作れないからね。だから、調理場でも「自己責任」の大切さを僕はまず教えるようにしてるよ。

森:大事なことですね。でも、そうした指導者としての立場が多いと、周りの事で手一杯頭いっぱいになって気づいたら自分のことがみえなくなってたりしますよね。そんな中でも、春日さんが仕事でのモチベーションを保てる理由ってなんでしょう?
春日:新しい料理に挑戦できる環境があること、かな。今、1年に4度季節が変わるタイミングで自分の「美食会」を定期的に開催させてもらっていて、その日のために長い時間をかけて自分で考えて試作したりしてね、献立組みをするんだ。前回はお客さんこういうの食べたいっていったから、今回はこういう料理に挑戦してみようだとか、他のお店の料理みて刺激受けて自分はこういう風にやってみようだとか。

森:なるほど。春日さんの美食会は毎回すぐ満席になるくらいリピーターの方ばかりで、大人気ですもんね。その理由は、春日さんがたっぷり時間をかけて、「お客さんに喜んでもらう」ための試行錯誤があるから、なんですね。

春日:やっぱり料理やっている以上、「喜んでもらう」っていうのは本当にやりがいになるねぇ。そのために頑張っているようなもんだからねぇ。
森:やっぱり春日さん、素敵!

PAGE TOP

PAGE TOP